週刊ダイヤモンドで歯医者特集

週刊ダイヤモンドで「歯医者のホント」という特集が組まれ、その中で、東京の「きぬた歯科」大阪の「クローバー歯科(真摯会)」の各医院サイトの医療広告ガイドライン違反について軽く取り上げられました。


※お金持ちの皆さんはご購入して読んでみてください。

週刊ダイヤモンドの取材が入ったであろう時期に、なぜかきぬた歯科真摯会の両院はサイトの修正をして、サイトから綺麗さっぱり”インプラントセンター”が消えていました。笑

なお、記事の中で、きぬた歯科さんは「今までOKだったのに〜知らなかった」と言い訳じみたことを語っておりますが、すでにNGになっていたことは昨年には知っていたはずなのに、週刊ダイヤモンドの取材で初めて知ったかのように装うのはちょっとwww

なぜそう言い切れるかと申しますと昨年までサイトのTOP Pageのヘッダーに「行政から唯一認可されたインプラントセンター」と掲載されていましたが、いつ頃だったか「すべての人に高品質医療を提供します」に修正されていました。(前後の魚拓を持ってるよ笑)

これは、私が医療機関ネットパトロールに上記箇所(行政から唯一認可を受けた〜)の証拠をきぬた歯科は提示する必要があると通報したためと思われます。あと、Before/Afterもおかしいと同時に通報しており、通報後に修正されていました。ということで、きぬた歯科さんの知らなかったはチョットおかしい。失笑

 

なお、ダイヤモンドで記事にされる前後では、こんな感じで修正されています。失笑

修正前

クリックすると拡大します(以下同じ)

修正後

テキストが消えてチョット寂しい…

いろいろ強気の記載があったのになぜ消したのか?他のインプラントセンターは違法で自分のところは違法ではないと認可を受けた証拠を堂々と提示すれば良いのに。

 

前置きはここまでにして、今回は、週刊ダイヤモンドの取材が入って、上記2院はいろいろサイトの修正を加えたと思われますが、どこまで頑張ったかをチェックしていきたいと思います。

きぬた歯科は終わってる

比較的新しく作られたきぬた歯科さんのサイト(https://kinuta.dental/)を拝見するとインプラントセンターの表記は見事に消えていますが、他の違反内容については一切変わりがありません…

パッと目につく違反箇所を挙げていくことにします。

トップページの違反内容

違反内容.1

スイスから認定された」という表記がありますが、これではスイス政府から認定されたと誤認される可能性があり、医療広告ガイドライン第3-1(4)誇大広告に該当すると考えられます。したがって、「スイスに本店を置く歯科インプラントメーカーであるストローマン」など企業名を明示すべきです。

大好きなストローマンの企業名を出さないなんて…

 

違反内容.2

この治療をされている歯科医院が存在するので、変に不安を煽るのではなく、仮にこれを掲げるのであれば、実績に乏しく大変危険という証拠資料を提示すべきでしょう。証拠資料がなければ、虚偽または誇大広告では?

 

違反内容.3

これは掲載禁止事項(そもそも許可されていない)

 

違反内容.4

これも掲載禁止事項(比較優良広告に該当)

 

違反内容.5

この部分でインプラントを埋入本数をうたったCMを他の医院は流せない理由は他の医院は本数を証明できないからだ!と主張しているのですが、そもそもそんなCMを他院は作らないのでは?仮にこの理由で審査が通らないというのであれば証拠を提示すべき。(提示しない場合は虚偽広告では?)

 

違反内容.6

内容が、患者等の主観に基づく、治療等の内容又は効果に関する体験談に該当するのでNG

 

院長紹介ページの違反内容

スウェーデン本国よりではなく、スウェーデンの本店より認定なら正しいのでは?こちらもトップページの違反内容同様でいかにも国から認定されたかのような書き方をしていますが、なぜまともに本社・HQなどと掲載しないのかさっぱり理解できません。

 

ちなみに、きぬた歯科さんは別のサイトも存在しており、こちらも違反内容はほぼ同じです。

 

きぬた歯科は広告禁止にしては?

はっきりいうときぬた歯科さんは、医療広告ガイドラインを守るという意識がないのですから、広告禁止など”行政”は動いた方が良いと思いますよ。チラシも拝見しましたがあれも医療広告ガイドライン違反ですし…きぬた歯科さんは行政が唯一広告を禁止認定した歯科医院になれるかもしれません!

 

クローバー歯科(真摯会)は結構対応している

真摯会さんは、①インプラントサイト(北大阪インプラントセンターサイト)、②審美歯科サイト(大阪審美歯科センター)、③矯正歯科サイト(大阪矯正歯科センター)の3サイトをお持ちですが、全て◯◯センターの表記をやめており、ガイドライン違反の対応をしてはいます。

 

が、

 

対応してはいるがまだ違反箇所は残る

がんばって対応している真摯会さんですが、未だ残っている医療広告ガイドライン違反としては「院長紹介」ページでしょうか?

ゴチャゴチャといろいろ掲載していますが、掲載してはいけないものが大量に含まれています。単に学会の会員というだけではサイトには掲載できなかったり、”インプラント認定医”とはどの団体のものなのか不明なものがあるなど違反項目が結構あります。真摯会さんはこの辺りの修正も必要と言えます。

 

また、真摯会さんは大量にGoogle My Businessアカウントを作っているのですが….北大阪インプラントセンターはクローバー歯科に変更しておりますが、こちらは何ら変更されていません。

 

 

歯科は首都圏・近畿・福岡の3つのエリアを集中的に対応すべき!

実は、今回の週刊ダイヤモンドさんの記事ですが、ダイヤモンド編集者様が私のところにお問い合わせをくださったので、医療広告ガイドライン違反が著しい歯科医院“多数ご紹介”して、どのような違反をしているかも簡単に説明し、当サイトの記事も参考にしていただきました。

他のマスコミからもお問い合わせがあったりなかったり…w

ということで、きぬた歯科さん・真摯会さんだけでなく、他の歯科医院や一般社団法人/NPO法人もターゲットに入っていますから、早めに医療広告ガイドライン違反状態から脱してください。

 

週刊ダイヤモンドで紹介されていた歯科医院サイトを大まかにチェックしてみましたが、首都圏・大阪近辺・福岡の医療広告ガイドライン違反が著しくヒドイです。特に福岡県などはインプラントの治療費さえまともに掲載しないダマシ歯科医院が検索上位を占めるなど終わっている状態です。


こんな感じでフィクスチャー(インプラント体)1本の値段を大々的に見せて、注意書き程度に他の料金を掲載するという極めて不親切な見せ方w これは医療広告ガイドライン違反です!!担当者はよ〜〜〜くガイドラインを熟読してください。日本語で書いていますから理解できるはず!

 

ということで、デロイトトーマツさんは、首都圏・大阪近辺・福岡の歯科医院のサイトとチラシなどの重点調査をした方が良いです。チラシは管轄外であるなら保健所と合同で調査すべきです!!

インプラント95,000円!とかいい加減にしてほしいものです。

 

医療広告のチラシ大募集

週刊ダイヤモンドではサイトの医療広告ガイドライン違反について紹介されていましたが、チラシはサイト以上に誰のチェックもなしに掲載されるため、本当にチラシは医療広告ガイドライン違反天国です。

そこで、皆さまにお願いがございます!

医療関係のチラシがポストに投函されましたら、画像をTwitterのDMもしくは下記メールアドレスあてにメールをいただけないでしょうか?

maguideline@gmail.com
@は大文字にしておりますので、お手数ですが小文字への変換をお願いします。

ご協力よろしくお願いいたします!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。